食べるのも作るのも大好きな徒然日記です


by oishikuikiru
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:長野旅行( 17 )

長野旅行2008.10

b0059016_22203879.jpg

秋の長野遠足♪
今回は、ちょうど紅葉の時期にいくことが出来ました。
楽しみにしている稲田はすでに刈り取られた後。ちょっとさびしい風景ですが、アルプス連峰はすっかり雪景色で、空気も澄んでいました。
街の方も紅葉がきれいだったので、山は終わってしまったかと少々不安でしたがぎりぎりセーフ。今回はテプコ館が主催している高瀬ダムを見学するツアーに参加して、国立公園のため一般車両では入れない山奥まで行ってきました!
 日本で2番目に高い(176m)こちらのダム。大きな石を積み上げて作るロックフィルダムという種類のものです。エメラルドグリーン色のダムは、秘境ムードいっぱい。ダムの役割や、建設中のダムなども見学することができ、治水のみでなく、発電を行うなんて人間の知識って無限だななんて勝手に感心。無料のツアーでしたが、紅葉狩りとダムの知識まで増えて大満足でした。

b0059016_22412184.jpg

自宅に帰ってから、長野で買ったイモでスイートポテトを作製。本当は白餡を入れたレシピで作りたかったのですが、なんと!寝かしすぎたのか白カビが・・・。冷凍してたので大丈夫と思っていたのですが、熟成させすぎました。
急遽、超適当レシピ(いえ、レシピというよりも状態を見ながらの勝手な判断)で作ることに。バターもレンジにいれすぎて溶かしちゃうし散々でしたが、和三盆効果か、上品な甘さで美味しくできました。ま、これはこれで楽しく美味しく、終わりよければすべてよしってかです。
[PR]
by oishikuikiru | 2008-11-07 22:48 | 長野旅行

長野旅行2008.7@おざんざ

信濃大町駅ちかくにある「わちがい
b0059016_23374644.jpg

古民家を改造して作ったお食事どころです。
納豆の酵素を使って練り上げた「おざんざ」が頂けます。
とはいえ、そば巡りで精いっぱいの私はまだこちらにお邪魔したことがないのですが・・・。
b0059016_2338134.jpg

お店の中も見学してもよいとのことであがらせてもらいました。
うーーー素敵すぎる!程よい天井の高さ、中庭の緑、縁側、ところどころに配置されている行燈や使い込まれた机やイス。
b0059016_23381659.jpg

写真では分かりづらいのですが、独特の雰囲気が漂っています。
こんなお家に住みたい!!
[PR]
by oishikuikiru | 2008-09-01 23:42 | 長野旅行

長野旅行2008.7@雑貨や

大好きなお蕎麦屋「大梅」
滞在期間がいつも短いため、行きたい蕎麦屋に行ききれません。
b0059016_2329204.jpg

素敵な器。
b0059016_2330102.jpg

新しく仲間入りしたらしいイス。
b0059016_23304871.jpg

安曇野周辺で器のお店を伺ったところ、こちらのお店と、もうひとつお蕎麦屋兼雑貨やを紹介していただきました。でも~大梅で扱っているような器はありませんでした・・・。今度は松本に行くぞ!!
[PR]
by oishikuikiru | 2008-09-01 23:35 | 長野旅行

長野旅行2008.7@中房温泉

何回も行っている長野旅行のため、行きつくした~と思いたいところですが、まだまだ。
今回のはじめては「中房温泉」。
HPを見ると山全体が温泉地帯になっているみたい。

しかーし、残念なことに立ち寄り客は、温泉宿まで行きつけず、手前の立ち寄り湯のみ利用ができるとのこと・・。穂高温泉郷から山道をくねくね大変な運転をしてきたのに、そんな~。
b0059016_2101928.jpg

↑こんな道まで通過したのに・・・。

でもでも、立ち寄り湯を侮るなかれ。
違う源泉がひいてあります。ぬるぬるとした湯と、硫黄くさいお湯。どちらもなかなかいいお湯でしたよ~。
ああ、でも焼山でジャガイモやら卵やら茹でたかったな~。とのことで、売店で売っていた茹で卵を購入。なんていうのでしょうか。色は黄土色で、卵白の部分がやけにつるるんとしています。

b0059016_210135.jpg

ううっ お店の方にダメ元でいっていいか聞いてみましたが、「基本的にお断りしています」といわれ、おばさん根性丸出しで「基本的にっていうことは、すっごく行きたかったら行ってもいいですか?」なんて言って困らせちゃったりして。。。

ということで、一風呂浴びて中房温泉の旅は終わりましたとさ。
[PR]
by oishikuikiru | 2008-09-01 23:30 | 長野旅行
b0059016_10133949.jpg

4か月ぶりの長野。
初夏のこの季節感たっぷりの時期が大好きです。
3月いったときは何もなかった田圃ですが、風がそよぶたびにたっぷり揺れる稲穂。

b0059016_10135354.jpg

今回のはじめては「そばサロンいとう」
穂高温泉郷近くにあります。
こちらのおそばやさん、雑誌などにはほとんど載ってないのですが、たまたまネットサーフィンをしていたらひっかかり行ってみることにしました。

木漏れ日の気持ちい道をくねくねと看板を頼りに進んでいくと、発見しました!ネットの情報同様、見た目ふつーの民家です。
わさわさと植物が生えた庭を進んでいくと、まず柴犬のお出迎え。
お店の方の話によると、クリスマスの日に来たので「メリー」という名前をつけたそうです。女の子らしいかわいいお顔をしていました。

b0059016_10141567.jpg

ね、まるっきりの民家でしょ?
私たちのときはベランダにお店の方がいらしたので声をかけて入れましたが、ちょっとわかりづらいです。この玄関に帽子がおいてあるところなんて、うちの祖父そっくり。

中に入ってみるとこれまた普通のお家。リビングに机が三つほどおいてありますが、居間を兼用して使っている感じです。

b0059016_10142616.jpg

ご主人は、以前は商社にお勤めで趣味でそばをうっていたそう。それが高じてこのようなサロンを作ったそうです。しかも去年は、皇太子ご夫妻が長野を訪れた際にホテルに出張してそばをうったんだとか・・・。
注文してからは、ご主人は隣の厨房へ(家はオール電化なので、別の部屋にガスありの厨房を作ったそうです)、奥さまはお皿などの準備。
その間ゆっくりと上記のお話を聞きながらおそばが出来るのを待ちます。
出てきたおそばは、どちらかというとコシがすくな目の細い麺。蕎麦の香りがとても高いです。最初は、お塩でいただいたのですが、そばの味が甘く感じます!そしてつゆで頂き、おかわりに「ぶっかけ」←だったような・・という汁も麺もまざって、大根おろしとのりがはいっているものも頂きましたが、これまたのど越しがよくツルツルっといってしまいました。

最後は、デザートに抹茶味のそば湯ゼリーと私たちがよくいく牧場のアイスクリームを頂きました。おそばを食べるだけでなく、店主の話を聞きながら、のんびりとした空間で美味しいものをいただきたいかたにお勧めのおそばやさんです。
[PR]
by oishikuikiru | 2008-07-26 10:33 | 長野旅行

氷見&長野旅行2008.3

毎年、何回かいっている長野ですが、必ず新しい場所にひとつは行くことにしています。
今回は、「Nagi」。器やさんです。

穂高の牧場近くにあります。このあたりは、うっそうとした林の中にお店がぽつんぽつんとあります。もちろん、牧場でソフトクリームを食べた後に、舗装されていない道をがたごとと進みます。

b0059016_933611.jpg

細い道をずんずん進むとぽつんと佇むお家。

ああ・・この写真ではなんの雰囲気も感じませんね。
いいかげん直すか買うかしないといけないカメラですが、どうも携帯でとりなれてしまって・・・。

一目見て気に入りました。家の周りのレンガやポスト、窓枠、すべてにこの器やのこだわりを感じます。中に入ってみると、まさしくNagiの世界。
行ったのは3月ですが、このあたりはまだまだ寒く、ストーブの上にやかんが。
ゆっくりとした時間が流れるお店です。

b0059016_911930.jpg

屋根裏のような2階。
さんさんと日光がふりそそぐ窓に整然と並ぶ器。
ぎしぎし音のする磨かれた茶色の木でできた床。
お料理や器の本が片隅においてあったり、思わずお昼寝してしまうような本当に気持ちの良いスペースです。
ああ・・しつこいですが写真がいまいち。

と、お店の外にコウモリが!!
どうやら窓にぶつかって負傷してしまったらしくよたよたと飛べません。
しばし、店主とともに観察。(NagiのNoteの3/28にばっちり写真がとられていました)
店主は、わざわざ病院まで電話したんですね・・・。そんな優しそうな方でした。
案外コウモリって近くでみるととてもかわいいものです。
もこもこしている動体に、びよーんと伸びる羽。しばらくよたよたしていると木の枝にパタパタっと飛んで後ろ脚でつかまり逆さまになって休みます。

ということで、素敵なお店を発見してしまいました~。

b0059016_9233642.jpg

3月末の長野は、ようやく雪が溶けて春の気配が少しではじめます。大好きな畑はまだ何も植えておらず少々寂しい景色です。
でもでも、雪をかぶった山々が澄んだ空気とあいまってこれまたよい季節でありました!!
[PR]
by oishikuikiru | 2008-04-18 09:25 | 長野旅行

氷見&長野旅行2008.3

氷見のあとは、いつもの長野旅行。
以前いったときは糸魚川から一般道を通っていったのですが、
高速でいったところ、一般道以上に時間がかかりました(涙)
しかも200km位余分な走り・・。
見た目と実際だとぜんぜん違うんですね・・・。

お目当ての蕎麦屋の時間には間に合わず
以前いった「つばくろ」へ。
3時過ぎだったので客は私たちだけ。
相変わらずコシがあってのど越しのよいおそばでした。

そこで、お店に飾ってあった一枚の写真。
とーってもかわいいので、店主にどちらでとったのか
伺ったところ、穂高付近とのこと。
さっそく、翌日行ってみました!
ところがところが・・・。〇〇窯の近くだよ、とは聞いていたのですが
そこの窯までは行けたのですが、そこからどういくのか。
その窯元の方にも伺ったのですがわからず、近所の方に聞いてもわからず、
その方が隣の人の方が詳しいからといって、隣の方に聞いても分からず、そしてまた他の方に聞いてもわからず・・・

ここまでくるとしつこいです。私。
でもめげません!
ぐるぐると回ってようやく発見しました。
b0059016_14563957.jpg

お地蔵さんが6体並んでいるのですが、赤い帽子をかぶった子が山の方をみているのがわかるでしょうか?
b0059016_14565619.jpg
北アルプスの雄大な景色についついよそ見かな・・。
[PR]
by oishikuikiru | 2008-04-16 14:54 | 長野旅行

氷見&長野旅行2008.3

さてさてお待ちかねのお宿。もちろん氷見に宿泊です。
今回はお魚がたくさん出るところを選んだのですが、これが大正解!

b0059016_14383869.jpg


ホタルイカ、蟹、ブリなどなど。
刺身盛り合わせだけでなく、少々手の加えたものを出していただけます。

特に気に入ったのがあん肝。思わずお代わりしてしまったら
アンコウのソテーまで出してくれちゃいました。
ぷりぷりでとても美味しかった~。

帰りにホタルイカを買っていこうと思っていたのですが
あいにく時化のため入荷せず。
お魚やさんで相当悔しそうにしていたためか
送って頂けることに!
氷見の美味しいお魚がこれから食べられるなんて嬉しい限り。

それにしても、こちらの高速道路は楽しいですね~。
飾りにも色々と気を使っているようです。
b0059016_14575426.jpg

チューリップの時期は少し早かったのですが、砺波ICのチューリップ。
インター事に特色のあるお土産がずらり。
白エビやホタルイカ、あー たまりません・・・。
ついつい沢山買ってしまいます。
今回、特にキューピーのご当地ストラップが気に入りました!!
[PR]
by oishikuikiru | 2008-04-16 14:42 | 長野旅行

氷見&長野旅行2008.3

またまた長野旅行。そして、今回は+氷見。
何年か前に、氷見にいったときにホタル烏賊と白えびの美味しさに開眼し、ずーっと美味しい時期に行きたいと願い実現しました~。

ひとまず、ついたらすぐにお寿司。
写真は撮りませんでしたが、新鮮な魚がとても美味しゅうございました。

そして、チェックインまで時間があるので足を延ばして和倉温泉に。
b0059016_955148.jpg

足湯。
前日、天候があまりよくなかったため海の色がどんよりしていますが、目の前に海があるロケーションは最高。お湯は、塩分が強めで入るとピリピリとします。でもすぐにぽっかぽか♪

b0059016_106690.jpg

和倉温泉といえば、加賀屋。プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選で28年総合連続1位、だそうです。すっごく高いのかなと思っていましたが、HPをみると利用できそうなお値段です。話の種に泊まってみるのも良さそうです。

b0059016_1094038.jpg

ル ミュゼ ドゥ アッシュ
辻口シェフのお店+美術館。加賀屋グループのようです。
そもそも今回の旅にこちらを訪れる予定はなかったのですが、和倉まできたのならということで・・・。(ってお金を払って美術館にはもちろんいっておりません)

マンションの1階にこちらの美術館はあるのですが、気持ち暗くて狭い入口を直線的に歩いて行くと、ぱーっと七尾湾が目の前に広がるつくりがとても素敵です。併設しているカフェも、目の前が海になっており、大きなガラス張り開放感いっぱいでとても気持ちが良さそうでした。
 温泉街自体は、大型旅館ばかりなので、鄙びた感じもなく一体感が感じられないまちづくりで、観光客もあまり見かけません。が、こちらのカフェにはお客さんがいっぱい。色とりどりの美しいケーキはやっぱり食欲をそそられます。

私がいったときは、ちょうど能登半島地震から1年目。見た目からはほぼ復興しているように見えますが、暮らしている人々は色々な苦労を抱えて生活していることと思います。
もっともっと観光客が増えて、活気のある街になることを願っています。
[PR]
by oishikuikiru | 2008-04-07 10:35 | 長野旅行

長野旅行19.07

またまた長野旅行。
デジカメが壊れてしまいぼけぼけの携帯写真ですが・・。

新規開拓店「林檎舎」
白馬の奥まった民宿?の1階にあり、繁忙期には相当並ぶらしい・・。

こちらのお店の名物胡桃ダレとお絞り大根。
胡桃ダレはまったりと甘く、ちょっと飽きてしまった・・。
お絞り大根は大根を絞った汁に味噌汁をといて食べるのですが、さっぱり。
b0059016_8555760.jpg

おそばは、翁系にちょっとにている感じ。エッジがきれいでコシがある。
ただ、おそばを楽しむにはふつーの出汁で食べたかったな・・・
b0059016_856128.jpg


「大梅」の器たち。
どうしてこんなに好みのものばかりなんでしょう~。
b0059016_8562441.jpg

b0059016_8563791.jpg

[PR]
by oishikuikiru | 2007-08-01 09:04 | 長野旅行